交通事故では過失ゼロでも損をする!被害者になったときに損をしないためのポイント!

交通事故24

交通事故の被害者になったときに、過失がゼロであっても損をする可能性があります。事故後の対応を誤ると損害賠償金が少なくなることもありえます。しっかりと損害賠償金をもらうには、交通事故を起こした後の行動が大事になるのです。

ここでは交通事故の被害者になったときに損をしないためのポイントを具体的に解説してきます。

警察は必ず呼ぶ

交通事故を起こしたときには必ず警察を呼びましょう。特に自分が被害者になっているときには警察が重要になります。保険会社は警察を呼んでいないと保険金の支払いを拒否することがあります。警察が事故として取り扱ったという証拠が必要になるのです。

加害者は警察を呼ぼうとしないかもしれません。過失が自分にあると分かっている加害者は警察を呼びたくないのです。そんなときは自分で呼ぶか、周りに集まってきた人などに警察を呼ぶように依頼しましょう。意識があるなら真っ先に警察へ連絡することが大事です。

警察が出す通事故証明書は後日保険会社に提出する必要があるからです。また、警察が来たら事故の状況や原因について教えてもらうようにしましょう。警察は残っているタイヤ痕などから状況を割り出してくれます。被害者になっていると全体的な状況を把握することができないことも多いです。

被害者の過失がゼロであることを確認しておくと、保険会社との交渉に役立ちます。

交通事故で被害者等の当事者になった際に行われる警察からの事情聴取とは?

交通事故直後に病院に行く

交通事故の被害者になったら直後に病院に行くことが重要です。事故直後であれば交通事故との因果関係が証明しやすいです。時間が経ってから病院に行くと交通事故が原因とは特定してもらえないこともあります。保険会社は交通事故との因果関係を証明できないと、支払いをしないこともあるのです。

また、事故直後に病院に行っていないと後遺症が残ったとしても、後遺障害認定を受けることができない可能性もあります。交通事故が後遺症の原因と認められなければ、後遺障害とは認定されません。後遺症はすぐに出ないものもあるので、事故直後の診断書から後遺障害が判断される場合もあります。

事故の目撃者やドライブレコーダーを探す

被害者の過失がゼロであっても加害者は裁判を起こすこともあります。裁判になったときに役立つのが証言や証拠です。事故現場に目撃者がいれば連絡先を教えてもらいましょう。また、周囲に事故を撮影したドライブレコーダーがあれば、データをもらえるように交渉します。

自分の車にドライブレコーダーが搭載されているのであれば、データを消さないように注意します。目撃者がいなくてドライブレコーダーがない状況では、加害者の主張がそのまま事実として保険会社に採用されることは少なくありません。

それでは被害者にとって不利になることもあるのです。裁判になっても勝てるように用意しておくことが重要になります。被害者に有利な証拠が揃っていれば裁判にならず、示談になることも多いです。また、事故直後は加害者が誠実に対応していたとしても、証拠集めはしておきましょう。

最初に話したことを途中から変えてしまうかもしれません。そうなっても困らないように裁判の準備をしておくことが大事です。加害者が話したことをボイスレコーダーで録音してくことも一つの手段です。

加害者と保険会社の連絡先を聞く

事故直後は混乱しているため、連絡先を交換し忘れるというミスをすることも多いです。そうなると、調べるのに手間や時間がかかったりするため、連絡先の交換は重要です。すぐに必要となる治療費などについて保険会社と話し合うことがあります。

また、保険会社と連絡がつかない時などのために加害者とも連絡先を交換しておきましょう。どちらとも連絡がつかないことがないようにすることが重要です。連絡がつかない場合は損害賠償金を受け取ることができません。

連絡先に間違いがないことを確認するために、その場で電話をしてチェックしましょう。

自分の保険会社に相談する

被害者になると自分の保険会社は役割がほとんどありません。過失ゼロのケースでは保険金を支払う必要がないからです。ただ、保険会社によっては被害者になったときの相談に乗ってくれる会社もあります。被害者になって相手側の保険会社との交渉に困っているなら、自分の保険会社に相談すると役立つアドバイスをもらえるかもしれません。

安易に示談には応じない

交通事故25

交通事故の被害者になると、保険会社は示談に応じるように言ってきます。被害者が通院をしていて、後遺症が残っているかがはっきりしない状態でも保険会社は示談の要求をすることも少なくありません。示談に応じればそれ以上請求できなくなるからです。

一度示談に応じると覆すのが難しくなります。そのため、安易に示談をしないことが重要です。保険会社はすぐに現金を支払うなどの魅力的な提案をしてくるかもしれません。しかし、通院費などが予想以上にかかってしまう場合もあります。

請求金額が確定してからでも示談は遅くありません。示談に応じたあとに後遺症が見つかることも考えて、慎重に行動しましょう。

生活復帰へのサポートを!交通事故被害者への支援内容について解説

必要なら弁護士などの専門家に交渉を任せることは大事

交通事故33

損をしないためには弁護士に任せることも大事です。弁護士に任せると保険会社は真剣と対応してくれます。弁護士が交渉することでスムーズに示談交渉が進むことも少なくありません。また、弁護士基準で損害場賞金を請求することも損をしない理由の一つです。

交通事故の示談交渉では保険会社は独自に決めている基準の金額で交渉することが多いです。保険会社が独自に決めている基準の金額は裁判所が過去の判例で出しているものよりも低くなっています。そのため、過去の判例から金額を算出して請求する弁護士の金額は保険会社の基準よりも高くなるのです。

過去の判例から算出しているため、裁判になっても弁護士基準の金額になる可能性は高いです。そのことを知っているため、保険会社は裁判になる前に示談に応じます。裁判にかかる費用や時間を考えれば、多少高くても示談に応じた方が損をしないからです。

また、交渉を弁護士に任せることで被害者は時間や手間などがかからなくなります。

交通事故の被害者になったときに損をしないためのポイントのまとめ

交通事故の被害者になって損をしないためには、事故直後の証拠を残しておくことが大事です。目撃者やドライブレコーダーのデータなどがあると交渉で有利になることは多いです。

また、病院の診断書を取っておくと事故との因果関係を証明しやすいでしょう。さらに、弁護士などの専門家に交渉を任せると損をする可能性が低くなります。